墓じまい(改葬)

墓じまい(改葬)とは

「お墓の後継者がいない」
「後継者が県外に住んでいて管理を頼むのは申し訳ない」
「お墓が山の上や遠方にあるので管理が大変」

そのような理由から、現在のお墓に安置しているご遺骨を、近くのお墓や永代供養へ引っ越しすることを墓じまいといいます。(改めて葬送し直すことから、改葬ともいわれます)

一般的な改葬、納骨までの流れ

お墓撤去の見積もりをとる

親族(祭祀継承者)でしっかりと話し合う

墓地管理者に墓じまいすることを伝える

  • 「埋葬、埋蔵証明書」を発行してもらう

改葬許可を市町村窓口で申請する

  • 「埋葬、埋蔵証明書」「受入証明書」必要
  • 現在お墓がある市町村窓口

改葬の日程を決める

  • 浄土真宗では、六曜などの吉凶日は気になさる必要はありません

お墓にて遷仏(せんぶつ)法要

  • 日時等についてはご相談ください

お骨の取り出し

  • 遺骨の状態により洗浄などの処理が必要になる場合もあります

納骨・納骨法要

  • 遺骨がすぐに取り出せる場合は、その日に納骨することもできます

※現在ある墓石の撤去方法や金額は立地条件により変わってきます。墓石屋さんに連絡して見積もりをお願いしてください。見積もりは複数業者に依頼し、内容、金額、対応など総合して判断されるのがよいかと思います。お寺でご紹介することもできます。
※改葬については、人それぞれに考え方があると思います。ご親族としっかり話し合いを行ってください。話し合いをせずに行うと後々のトラブルの種になる場合もあります。

※改葬は行政への許可申請が必要となります。許可申請書に添付する書類としまして、
「埋葬、埋蔵証明書」と「受入れ証明書」に相当するものが必要となります。
「埋葬、埋蔵証明書」→ 現在お墓のある霊園や寺院発行もしくは署名
「受入れ証明書」  → 新しく入る場所の契約書等
  高法寺永代供養納骨堂を納骨先にされる方には、改葬許可申請時に必要となります
 「受け入れ証明書」を発行しております。

ご遺骨は、現地にて遷仏法要を行ったあと取り出し、当院にて納骨法要を行います。
以下に、法要に必要なものなどを記載しておりますので、ご参考にしてください。
契約や法要で必要なもの

永代供養契約時に必要なもの

・印鑑(認印可) 
・改葬許可書
・永代供養料

遷仏法要(閉眼法要)に必要なもの

・献花(花、シキミ) 
・お供え物(お野菜をお勧めさせていただいております)
・ろうそく、線香など
・お布施

納骨法要に必要なもの

高法寺本堂で行います
・過去帳もしくはお位牌(お持ちの方)
・献花(花、シキミ) 
・お供え物(お野菜をお勧めさせていただいております)

※法要の日時は、早めにご連絡ください。
※お墓の埋葬状況や骨壷の状態にもよりますが、
 閉眼供養し、お墓から遺骨を取り出した当日に納骨法要を行うことは可能です。
 また、納骨法要と同日に契約を行うこともできます。

弔い上げしたご遺骨について

墓じまいの場合には、何体ものご先祖様がいらっしゃる場合もございます。
その中で、弔い上げしたご遺骨(50年を経過したご遺骨)の納骨は、以下の納骨方法からお選びいただけます。
なお、弔い上げした遺骨につきましては、永代供養料ではなく懇志といたします。

海洋散骨・永代供養

法要後、浦戸湾沖の太平洋に散骨します。
ご遺骨1体につき  懇志 5万円以上
※散骨される場合は、粉骨にかかる費用(3万円)が別途必要となります。

納骨堂永代供養(合葬)

当院納骨室内にある大地に合葬し永代供養いたします
①納骨法要後、ご遺骨を納骨室内の大地で合葬いたします。
納骨懇志 小型容器(骨壷4寸以下)   1体につき 3万円以上
小型容器より大きい場合    1体につき 5万円以上 
※小型容器とは、高さ15cm 幅9cmまでのものをいいます。

②10年間、永代供養廟廟の納骨室に骨壷で安置し、その後、納骨室内の大地へ合葬いたします。
納骨懇志  1体につき 10万円 以上(6寸まで)

③永代に渡り骨壷で安置し法要いたします。
納骨懇志  1体につき 60万円

”関連する記事”