よくある質問

納骨堂(永代供養)

檀家にならないといけないのですか?
当寺院においては、檀家になる必要はございません。
※菩提寺をお持ちの方は基本的にご利用いただくことはでません。
但し、菩提寺住職様と話され、承諾を得られた場合は契約できます。
浄土真宗ではない宗派でも、納骨することはできるのでしょうか?
仏教宗派であればご利用いただけます。
但し、仏事は浄土真宗本願寺派の作法に則り執り行います
骨壷の大きさに制限はありますか?
原則としまして、以下の骨壷の大きさ以内でお願いいたします。
一般駅な骨壷 6寸(高さ約20cm×直径約18cm)
それ以上の大きさになりますと、別途永代供養料のご負担をお願いします。
7寸(高さ約25cm×直径約22cmまで) 永代供養料 +3万円(合計28万円)
8寸(高さ約28cm×直径約25cmまで) 永代供養料 +5万円(合計30万円)
※8寸を超える骨壷につきましては、納骨することができません。
永代供養の内容はどのようなものですか?
年4回の法要(春の彼岸・お盆・秋の彼岸・報恩講)を本堂で、
年忌法要(1・3・7・13・17・25・33・50回忌)は永代供養廟の前で、それぞれ合同で執り行います。
50回忌法要後は、納骨室内の大地に合葬して永代供養となåります。
※本堂や自宅での個別法要をご希望の方は別途申込み・お布施が必要です。
50回忌後も合葬せず骨壷のままで預かってもらうことはできますか?
はい可能です。
その場合は特別永代供養となり永代供養料は60万円となります。
特別永代供養では、骨壷のままで納骨室に永代安置いたします。
また特別位牌を作成し、納骨廟堂内の位牌棚にお奉りいたします。
「位牌」を一緒に永代供養してもらうことはできますか?
はい。お位牌の永代供養も納骨室で安置いたします。
お位牌の永代供養料は一柱につき10万円となります。
50回忌後にお焚き上げいたし永代供養とさせていただきます。

海洋散骨(永代供養)

散骨する日や時間を指定できますか?
散骨を行う希望日はご指定いただけますが、安全面上、当日の天候や海上の状態で判断させていただきます。
・安定した天候で波、風の穏やかな日(小雨は実行できます)
・希望日があれば、できるだけご要望にお応えいたします。
散骨する場所はどうやって決めるのですか?
散骨する海域はある程度ご指定いただけます。
・陸地から5km以上離れた場所
・養殖所または漁場の近くでないこと
・航路から離れていること
・現在は、高知湾のみとなっております。
申し込み後でもキャンセルはできますか?
はい。入金後でも、散骨が完了していないときはキャンセルできます。
キャンセル料はいただきません。
散骨当日のキャンセルは、キャンセル料が発生します。
返金にかかる振り込み手数料などは、ご負担いただきます。
散骨後の法要は、お布施が必要ですか?
50回忌までの年忌法要と年4回の法要(彼岸春・秋、お盆、報恩講)は、合同で執り行います。
お布施は必要ありません。
ご自宅、もしくは高法寺本堂で、個別に法要をご希望する場合は別途お申し込みが必要となり、
お布施が必要となります。
散骨に同行することは可能でしょうか?
現時点では、安全管理上、乗船し散骨に同行することはできません。