高法寺スタッフ ブログ

【お墓】

江戸時代後期くらいから一般的な風習となり、昭和の初期から広まった家墓、近年では個人墓がある。お墓は永代使用権(永代に渡り使用できる権利)のある土地を借り、そこにお墓を建てます。
永代といっても永久にということではなく、管理ができていない状態が続くと撤去されたり、後継人以外への継承ができないといったことがある。

【納骨堂・永代供養】

お寺などが供養管理してくれるので、後継者がいない人、迷惑をかけたくない、お墓を買うほどお金がかからないという理由で、近年都会を中心に希望する人が増加している。
一定期間経過すると合祀されるタイプや永代に渡り供養してくれるタイプがある。

【樹木葬】

最近、後継者がいないシニアを中心に一般的な墓地より人気が高い。墓地となる場所に、墓石の代わりに樹木を植えるので、お墓よりかは経済的。
合同で埋葬する方法であれば、5万円前後からある。交通の便や利便性、しっかりとした業者、寺院であることをよく考えて選ぶ必要がある。

【海洋散骨】

まだ多くはないが、少しずつ希望する人が増えてきている。代行してもらう、合同で行う、単独で行う方法がある。
一度散骨してしまうと管理などまったくかからず、海や自然にむかって故人に思いをはせながら供養することができる。一度散骨してしまうと遺骨は戻ってこない。
供養対象がないということで後悔する人もいるので、あらかじめ分骨しておくなどよく考えておく必要がある。しっかりと定められた法律はまだできていない。

海洋散骨の種類

■個人散骨(チャーター散骨) 平均:20万円~40万円

故人のご家族で船を貸し切り行う散骨です。出港から帰港までが個人を偲ぶセレモニーとなります。
個別ですので、ある程度の融通が効くというメリットがあります。値段は乗船人数が多ければその分金額も上がってきます。
海上の様子によって予定通りの日に行えるかどうか心配があります。

■代行散骨(委託散骨) 平均:5万円前後

散骨を行う業者にお骨を預けて、専門のスタッフのみで行う散骨です。
お身体の状態ややむをえない理由で参加が難しい場合などでも、散骨できるというメリットがあります。
また、立ち合いをしない分同行する散骨よりも費用が安く抑えられます。

”関連する記事”

墓じまい(改葬)とは

「お墓の後継者がいない」

    「後継者が県外に住んでいて管理を頼むのは申し訳ない」

「お墓が山の上や遠方にあるので管理が大変」

      様々な理由から、現在のお墓に安置しているご遺骨を近くのお墓や永代供養などに移したり、お墓を整理することを墓じまいといいます。改めて葬送し直すことから、改葬ともいわれます。

     

      墓じまいは、埋葬場所やお墓の状態、また親族の有無など後継者様の状況がそれぞれ異なります。お一人おひとりにあったお墓じまいをご提案いたします。悩まずご相談ください。

 

一般的な改葬、納骨までの流れ

石材屋さん等でお墓撤去の見積もりをとる

親族(祭祀継承者)でしっかりと話し合う

墓地管理者に墓じまいすることを伝える

  • 霊園墓地など管理者がいる場合には「埋葬、埋蔵証明書」を発行、または改葬許可申請書に署名押印してもらう。
  • 自己所有墓地の場合は、市町村窓口に問い合わせる

改葬許可を市町村窓口へ申請する

  • 「埋葬、埋蔵証明書」「受入証明書」必要な書類を添付
  • 提出先は、現在お墓がある市町村窓口

改葬の日程を決める

  • 浄土真宗においては、六曜などの吉凶日は気になさる必要はありません

お墓にて遷仏(せんぶつ)法要

  • 日時等についてはご相談ください

お骨の取り出し

  • ご遺骨の状態により洗浄などの処理が必要になる場合もあります

納骨・納骨法要

  • 遺骨がすぐに取り出せる場合は、その日に納骨することもできます

お墓じまいの留意点

※現在ある墓石の撤去方法や金額は立地条件により変わってきます。墓石屋さんに連絡して見積もりをお願いしてください。見積もりは複数業者に依頼し、内容、金額、対応など総合して判断されるのがよいかと思います。お知り合いの業者さんがいない場合は、当寺院でご紹介することもできます。

     

※改葬については、人それぞれに考え方があると思います。ご親族としっかり話し合いを行ってください。話し合いをせずに行うと後々のトラブルの種になる場合もあります。

 

    ※改葬は行政への許可申請が必要となります。許可申請書に添付する書類としまして、
    「埋葬、埋蔵証明書」と「受入れ証明書」に相当するものが必要となります。

      「埋葬、埋蔵証明書」→ 現在お墓のある霊園や寺院発行もしくは署名

    「受入れ証明書」  → 新しく入る場所の契約書等

       

    ※高法寺永代供養納骨堂を納骨先にされる方には、「受け入れ証明書」を発行しております。

       

    ※改葬許可書をする市町村窓口に、事前に必要な書類などお問い合わせください。改葬許可書の発行は、許可の申請をして1週間ほどかかることがあるようです。

       

        ※ご遺骨は、お墓にて法要を行ったあと取り出し、当院にて納骨法要を行います。ご希望があれば、当寺院からお墓へお伺いします。

       

    以下に、法要に必要なものなどを記載しておりますので、ご参考にしてください。

       

永代供養契約時に必要なもの

・印鑑(認印可)

    ・改葬許可書(市町村窓口より届いた許可書)

・永代供養料

    ・故人の法名などの情報

遷仏法要(閉眼法要)に必要なもの

基本的にはいつものお墓参りと同じでかまいません。

    〈例〉

・献花(花、シキミ)

    ・お供え物

・ろうそく、線香など

    ・お布施

納骨法要に必要なもの

高法寺本堂で行います。
・過去帳もしくはお位牌(お持ちの方)

    ・献花(花、シキミ)

・お供え物(お野菜をお勧めさせていただいております)

     

※法要の日時は、早めにご連絡ください。

 

    ※お墓の埋葬状況や骨壷の状態にもよりますが、
    閉眼供養し、お墓から遺骨を取り出した当日に納骨法要を行うことは可能です。
    また、納骨法要と同日に契約を行うこともできます。