高法寺スタッフ ブログ

お坊さんによる終活の話

10月9日は、高知市西部地域高齢者支援センターさんが毎月開催されている「エイトカフェ」にて、
修活のお話しをさせていただきました

約45分の話しのあと、質疑応答タイムが終わることなく続き、1時間15分!
(カフェ終了時間まで)

仏壇のことや自分の葬儀のこと、私が死んだらどうなるか!

「お葬式にお金をかけるなら、元気なうちに、お別れ会をしたほうがいい」

「遺産として財残を残すよりも、会いに来てくれたら小遣いを渡す」など

普段は”縁起が悪い”と敬遠されそうな話を
コーヒーとケーキをいただきながら、楽しくさせていただきました

参加者のみなさんから、

「考えなければならないし、準備もしておかないとー、とは思いながらもなかなか進まない」

というお声が多数でした
 
 
 
人は年齢に関係なく、最後の時は訪れますし、
いつ、どのタイミングでその時を迎えるのかはわかりません

家族の意思を知らないままで過ごすことよりも、
話し合って互いに「亡くなるときはどうしたいか」という意思を知ることのほうが、

私個人としては、
家族の在り方としてすてきだなぁと思います

今年はあと2回、修活のお話会をさせていただく予定になっています

みなさんが集まる場がありましたら、
無料で出張講話いたしますので、
ぜひ聞きたい!、そんな話しをする場を設けたい!
という方は、高法寺までお問い合わせください

追伸
ハガキは、修活講話に参加された方へ、話の内容をすぐ忘れないように(笑)プレゼントいたしております

記事:まなべ

問い合わせ先
高法寺
088-832-1341
kouhouji2421@gmail.com